英語

英和辞典の使い方(ノートの取り方・初心者おすすめ英和辞典&アプリも)【英文法学習のための準備学習⑤】

家庭学習 わかる

こんにちは。

現役の塾教室長兼講師のトトです。

講師歴は10年になります。

 

「英文法学習のための準備学習」の5回目です!

 

さて今回は「英和辞典の使い方」です。

自転といっても最近は、電子辞書やアプリ辞書の方が利用率が高いのかもしれません。

 

最初に言っておきます。

これからお子様に英語を習わせたい、という方。

ご自宅に辞典が無いという方は今すぐ購入してください!

僕の教室で、英語を学習する生徒(小学生・中学生)のほとんどが家に辞書がない、と答えます。

辞典は最強の英単語学習ツールです。

(おすすめの英語辞典は記事終盤に紹介しています。)

(※ちなみに「辞典」は言葉の解説などが記載されている物、「辞書」は漢字辞書のように、語自体の簡潔な情報をデータベース化したものです。が日常生活の中ではほぼ同義に使用されていますね…)

 

高校生は圧倒的に電子辞書使用率が高いですね。

少し前までは「紙の辞書の方が使いやすい!」なんて声も多かったのですが、

現在の電子辞書及びアプリはかなり高性能で、

内容はほぼ紙辞書のコピーですし、調べた単語を記録させていったり、単語テスト機能がついたものまであり、

何より検索力が紙辞書より勝っています。

かく言う僕も、アプリの辞書を使用しています。

いつでもどこでも調べることができることを重宝しています。

(ただし無料のものではなく、紙ベースの辞書のアプリ版で有料のものを使用しています。)

 

とはいえ、高校生が電子辞書を使用しているのを見ると、「日本語の意味」のみチェックして閉じる…ということが多いのです。

紙であろうがなかろうが、「使い方」を知らないと「宝の持ち腐れ」です…。

 

ですが、学校では辞書の使い方に関して、しっかり時間を使って指導することはほぼありません。

また、一度いい加減な調べ方が癖づくと、直すのが大変になるので、これから英語を学ばせよう!

という方は特に参考にしていただければ、と思います!

では今回の目次です。

step
英語の辞典の種類


step
英和辞典に記載されているものって何?


step
英和辞典で調べるときの手順とノートに記すべきもの


step
おすすめ辞典&アプリ

 

少し長くなりますが、丁寧に書かせていただきました!

大変かと思いますが、最後までお付き合いよろしくお願いします!

では一つ一つ見ていきましょう!

 

1.英語の辞典の種類

英語の辞典の種類は大きく分けて2つあります。

英和辞典と和英辞典です。

知っているとは思いますが、

・英和辞典⇒英単語を日本語に

・和英辞典⇒日本語を英単語に

です。

ほとんどの方は「ほぼ英和辞典しか使っていない」

という方が多いのではないでしょうか。

なぜかというと、英和辞書の方が、一つの単語に対しての情報が圧倒的に多いからです。

 

和英辞典には一つのの日本語に対する英単語が書かれているだけです。

発音記号も記載されているものもありますが、

その英単語をどう使用するのか、などについては全く書かれていません。

また、一つに日本語に対して2つ、3つの英単語がかかれているものがあります。

しかしその違いについては書かれていません。

(例えば日本語の「おもしろい」には「興味深い」と「おかしい」という2つの意味で使われます。でも意味の背景は異なりますよね。英語だとそれぞれ「interesting」「funny」となります。)

 

英和辞典には一つの英単語に対して、アクセントや発音記号はもちろん、たくさんの日本語の意味が書かれていて、

その文法上の位置づけや、使い分けに関しても例文を添えて細かく書かれています。

 

つまり、英単語の知識がまだあまりないときは、和英辞典で和英辞典でその単語の綴りを調べて、

その後、英和辞典でその単語のたくさんの情報を調べるという流れになります。

 

英語の辞典を使用したことがない子は

「そもそも英単語自体知らないのに、英和辞書なんてどうやって使うの?」という感じです。

 

なので、そのうち使用頻度は減ってきますが、

これから子供に英語を自分でどんどん学習させたい!という方は、

必ず和英辞典の存在とその使い方も教えておく必要があります。

 

ココがポイント

英和辞典、和英辞典それぞれの存在と使い方を教える事

英和辞典の使い方

 

2.英和辞書に記載されているものって何?

さてたくさんの情報がある英和辞典には何が記載されているのでしょうか。

簡潔に言うと以下です

英和辞典に記載されていること

1.英単語

2.アクセント

3.発音記号

4.品詞

5.日本語の意味

6.活用(動詞の変化、名詞の複数形など)

7.よく使用する熟語

8.使用例文

です。

一つの英単語に対してこれだけたくさんの情報があります。

注意していただきたいのが、辞典を使い初めの生徒で、最初に書いてある日本語だけで覚えようとすることが多いという事です。

その下にはたくさんの別の訳し方やそれぞれの関係性などが記載されています。

一つの英単語に対して一つの意味だけではなく、

一緒に「へ~こんな意味でも使うのかぁ」というような調べ方をさせてください。

それを繰り返すことで、たくさんの日本語の意味がある英単語でも、

「語源」がなんとなくわかってきます。

(今回は初心者用なので、細かくは省きます)

 

また、一つの英単語で異なる「品詞」で使用するというものもあります。

この説明のときに「品詞」の知識が必要となるのです。

(ですので第4回で先に品詞の違いについて触れるという流れにしております。)

 

例えば「swallow」は

名詞で「つばめ」という意味ですが、

動詞で使う場合は「飲み込む」という意味になります。

 

もちろん辞典も使用者の事を考えているので、使用頻度の高い日本語の意味を優先的に記載しています。

確かに英語初心者で終わるつもりなら最初に書かれている意味だけを暗記するだけで結構ですが、

高校、大学、社会人と英語との関わりはずっと続き、大人になるほど高度な英単語力が求められます。

ただの暗記だけで終わらせたくはないですよね。

 

その為に最初の段階から「いくつかの意味も併せて見ておく」という事を教えてあげてください。

一緒に調べて「へーこんな日本語としても使うんだねー。」とやってあげてください。

 

僕の塾では小学生から英語を学習するという生徒には、辞書の使い方だけで3~5回授業を行います。

なぜこんなに行うのかというと、これをしておくことで自宅で意味調べをやってきてくれるからです。

ただの暗記ではありません。

意味を「調べて」きてくれるのです。

 

続けていると、「あれ?これって前にあの単語で調べた意味にもあったぞ…何が違うんだ?」

というようになってきます。

そうなれば完璧です。

これが知識の定着につながります。

 

ココがポイント

英和辞典は最初の意味だけでなく、その下も見る事でたくさんの情報が得られることを教える

 

3.英和辞典で調べるときの手順とノートに記すべきもの

実際に英和辞典を使用するときの手順をまとめておきます。

塾では英語の初心者には、必ず英単語を調べるときにはノートをとるように言っています。

これはいつでもそうしなければいけないという事ではなくて、

初心者の場合はなかなか定着できないので、

「意識づけ」を定着させる目的でしばらくは書かせています。

その手順のまとめが以下です。そのあと各項目ごとに細かく説明します。

英和辞典で調べるときの手順

① 英単語

② 発音

③ アクセント

④ 品詞

⑤ 日本語の意味

(⑥ 活用)

⑦ 熟語や例文をいくつか確認

家庭学習,勉強,できないをできるに

① 英単語

英単語はつづりが正確にかけているかを必ず見てください。

② 発音

発音は中学生向けの辞典なら、「カタカナ」で表示されていると思うので、そのままカタカナで書かせてください。

(発音記号がわかる生徒は読むだけでも結構です。)

③ アクセント

アクセントは発音記号の上に「ダッシュ」のような記号で表されています。

発音がカタカナ表記でか書かれている場合は、アクセントとなる文字が「太字」で表示されていると思います。

先に書いたカタカナ発音の上に「▽」のマークを書いておきましょう。

アクセントは「強く読む箇所」を表しています。

先に書いたカタカナと合わせて、何度か読ませてください。

初めのうちはその発音(アクセント)が正しいか、確認してあげてください。

目で見ても実際に発音するときに、自分の言いやすいアクセントになってることが多々あります。

発音、アクセントは必ず「音」でも確認しましょう!

④ 品詞

品詞は、動詞なら「動」という字が四角で囲まれているかと思います。

そのままノートに書きましょう。

このとき、「あ~動作の言葉なんだぁ」くらいの確認はさせてください。

⑤ 日本語の意味

日本語訳を書きます。

たくさんある場合は、一番上にあるものを書いておきましょう。(初心者のみです)

⑥ 活用

例えば名詞の複数形のsや、動詞の三単現のsや過去形などですが、これはその文法を学習してからで結構です。

分からない段階であまり情報をたくさん与えても混乱するので…。

⑦ 熟語や例文をいくつか確認

これはノートに記載しなくても結構ですが、必ずやらせてください。

この癖が後々大きな効果をもたらします。

 

ノートをイメージするとこんな感じです

英単語ノート記載例

(例)have

have  (ブ)  [動]持っている

※アクセントは▽で記載できなかったので、ここでは「赤色」で表示しています。

ということで、英単語の調べ方のポイントこれです。

ココがポイント

英単語を調べるときは何を確認するのかをルーティーン化しておく

親子で学習

4おすすめ辞典&アプリ

最後に塾でもご家庭にお勧めして実際に購入していただいている辞典を紹介します。

① ジュニアアンカー

ジュニアアンカーは一般の大きさで、英和と和英の両方が1冊になっているので、

場所を取らないですし、初心者にはとても使いやすいと思います。

ただし、その分情報量が少ないので、ある程度辞書調べになれたり、ある程度英単語も覚えてきたら、

英和辞典だけのものに切り替えて使用させています。

お金が勿体無いという方は中学まではこの1冊で大丈夫です。

(高校では辞典を買わされると思うので…)

▼楽天で口コミを確認

ジュニア・アンカー英和・和英辞典 第6版 CDつき (中学生向辞典) [ 羽鳥博愛 ]

▼アマゾンで口コミを確認

ジュニア・アンカー英和・和英辞典 第6版 CDつき (中学生向辞典)

 

② ベーシックジーニアス

こちらは言わずと知れた「ジーニアス」の初級編といった感じです。

厚みがないので調べやすいのが特徴です。

また、英和のみの辞典なので、情報量もたくさん掲載されています。

高校1年生くらいまでならこれでも大丈夫ではないかと思います。

一応高校卒業まで使用できる単語数ではあります。

(より深く時点で見識を広げたい場合はもっと上級の英和辞典をお勧めします。)

▼楽天で口コミを確認

ベーシックジーニアス英和辞典 第2版 [ 原川博善 ]

▼アマゾンで口コミを確認

ベーシックジーニアス英和辞典 第2版

 

③ ウィズダム英和・和英辞典

ウィズダム英和・和英辞典 2

 

 

 

 

 

こちらはアプリです。

さすがに小学生、中学生は、まだスマホを持っていない生徒もいるので、ご提案はしていないです。

これは講師の私が使用しています。

アプリの良さって、ネイティブの発音もすぐ出せることなんですよね。

さらに英単語を調べていく中で、さらに調べたい単語がでてきたときは、その単語をタップするだけでその単語の説明欄に飛ぶのでとても直感的です。

保護者の携帯に入れておきたいアプリかなって感じです。

他のものとはあまり比較していないのですが、使用していて何の不満もありません。

要望があればまた他の辞典アプリと比較したいと思います。

 

まとめ

家庭学習,まとめ

いかがでしたでしょうか。

辞書は紙にしろ、電子にしろ、使用の仕方とそのくせをつけることがとても重要です!

「まだ辞典が家にないよー!」

とか

「あるけど私が昔、高校で使用してた本格的なものしかないー!」

という方は、すぐに初心者用の辞典を買ってあげてください!

では今回のポイントまとめです。

ポイントまとめ

  • 英和辞典、和英辞典それぞれの存在と使い方を教える事
  • 英和辞典は最初の意味だけでなく、その下も見る事でたくさんの情報が得られることを教える
  • 英単語を調べるときは何を確認するのかをルーティーン化しておく

早速お子様と一緒に何か調べてみてくださいね!

 

英語
テスト,時間配分,勉強,時間,管理

国語 子供への接し方 算数・数学 英語

2022/5/19

時間を意識した勉強がなぜ必要なのか【集中力とテストでの時間配分】

こんにちは。 現役の塾教室長兼講師のトトです。 講師歴は10年になります。   自宅でお子様に勉強させる際に、基本事項や、問題を解くための方法などをしっかり確認させる事はとても重要です。 ただし「時間を意識する」という事も大変重要です。 普段の勉強の中で「時間」を意識する事がなぜ重要なのか、についてお話ししていきたいと思います。 step1「速く解く」には「慣れる」から! step2暗記や確認学習にも「時間管理」を step3「使いやすいタイマー」の使用を   目次1.「速く解く」には ...

続きを読む

簡単,楽々

国語 子供への接し方 算数・数学 英語

2020/12/8

受験にはスキャンが必須!/スマホで簡単プリント管理術【Adobe Scan】

こんにちは。 現役の塾教室長兼講師のトトです。 講師歴は10年になります。   お子様の家庭学習や塾での学習を通して、プリントや問題集をデータで残すという事を行っている、もしくはしたいなぁと考えている保護者様多いかと思います。 その際に、「プリントや問題集をスキャンする」という事がありますが、あぁもっと簡単にならないかなぁと思っている方も多いでしょう。 塾講師も、資料の取り扱いに非常に苦労します。 特に個別塾の場合は、各生徒がおこなう学習がそれぞれ異なりますし、テスト前になると生徒の声に迅速に対 ...

続きを読む

質問,小学生,中学生

国語 子供への接し方 算数・数学 英語

2020/12/6

先生への質問のさせ方【事前準備が重要!】

こんにちは。 現役の塾教室長兼講師のトトです。 講師歴は10年になります。   「うちの子、なかなか自分から塾の先生に質問できない…。」 という保護者様、多いかと思います。 小学生、中学生からすると、「先生」に対して自分から声をかけるというのは、大人が考えている以上に難しい事なのかもしれません。   そこで今回は、僕が実際に質問されて思った、 「こんな風にしてくれていると、口下手でも質問内容がわかりやすい方法」 についてお話ししていきます。   目次「先生あのね…」自分なりの ...

続きを読む

リスニング 聞き取り

英語

2020/10/26

英語リスニングの勉強法の教え方 【小学生・中学生・初心者】

  こんにちは。 現役の塾教室長兼講師のトトです。 講師歴は10年になります。   今回は英語リスニングの学習のさせ方についてです。 「自分は英語全く聞き取れないし、喋れないから教えられない」 という保護者の方も大丈夫です!   この指導法で生徒に教え始めたとき、講師である私自身も得意ではありませんでした。 ところがこの指導法で生徒の成績が上がり始め、私自身のリスニング力も格段に上がりました。 なので安心して最後までお読みいただければと思います。 注意 ※この記事は、リスニン ...

続きを読む

英語の学習準備をする小学生

英語

2020/9/18

英文法学習のための準備学習【まとめ】/【小学生】全く英語ができない人向けの勉強法

こんにちは。 現役の塾教室長兼講師のトトです。 講師歴は10年になります。   英文法を学習したという方のほとんどが中学生からではないでしょうか。 今では学校の指導要領も変わり、小学生から行うという事になりましたね。 (習得レベルをどのように設定されるのか、具体的にどのようなテストが課されるのか、実際のところはまだわかりかねますが…)   ちなみに 小学3・4年生で、週1回の外国語授業。 (主に話す事と聞く事を中心とし英語に慣れる学習)   小学5・6年生で、週2回の外国語授 ...

続きを読む

「英語」一覧

Twitterもやってます!

この記事が参考になったという方は、是非Twitterのフォローをお願いします。

Twitterではブログ以外での情報も配信しています。

フォローしてくれると激しく喜びます!

ツイートしてくれる方は以下のアイコンをクリックしてください!是非!

-英語

Copyright© カテガクブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.